木洩れ陽のノスタルジーカ -Raggio di sole nostalgico- 感想 10月24日(土)





78点

ヒロインは可愛かったんですが、男連中が少し好みの作画では無かったかも
舞台設定が未来のせいか少し専門用語が多すぎて訳分からなくなってしまったこと、個別ルートに入るまでが長い
そして、メイン軸で進んでるしねまとの合体シーンが無かったのと主人公の声をオフに出来ない点はマイナス
カヤと一姫は可愛かったですが、各キャラ3シーンしかないので少し物足りなかったかも・・・・

スポンサーサイト

Template Designed by DW99