映画 クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃 感想 11月10日(火)





90点

『野原一家がメキシコへ!?』と公開前から話題になった映画でした

概ね内容としては楽しめました、映画限定の新キャラも皆さん個性的で良い人だったのですんなりと受け入れる事が出来ました。少し残念だったのはやっぱりカスカベ防衛隊が来なかったこと、風間君達が連休を利用してメキシコへ遊びに来ている時にキラーサボテンの事件が起これば活躍の場が広がったのではないかなぁ?と思ったこと。減点理由は無理やり出したであろうエレキテル連合と指原の2人のザル演技を聞かせられたことと、少しサボテンが人を食べていくって言うのは進撃の巨人みたいに怖い演出でトラウマ物です(;一_一)・・・


スポンサーサイト

Template Designed by DW99