空色イノセント (あかべぇそふとすりぃ) 感想 2016/2/4(木)





80点 (但しまひるルートは98点)

航空学校が潰れたことにより夢を諦め転校をしてきた主人公が生物部に加入しカナダガンと共に再び空を翔物語
攻略する順番を間違えました、最初にまひるルートをやってしまったためにどうしても他ヒロインが見劣りしてしまう結果に・・・・
それも当然、最後の結末は主人公がカナダガンと飛ぶ事なのですがウルトラライトの隣にはまひるがどのルートも座ります、これが致命的でどうしてもまひる中心に物語が進んでしまいます。更にはまひる以外のヒロインが唐突に主人公に身体を重ねるように求めてきます。早い段階の選択肢でヒロインルートが決まるのですが、それならば飛行機にまひるが乗る前にルートを決めてそれぞれのヒロインが隣に乗るようにすれば良かったのでは?となる実に勿体ない作品です。

肝心のエロもまひるは多いが他ヒロインは明らかに回数が少ないです。この点もマイナス
また主人公と協力してヒロインの問題を解決するわけでもなくヒロイン自身で問題を解決してしまいます、ここもマイナス
最後にいきなり卒業後まで吹っ飛ばしてエンディングだけど本当にカナダガン達は収入減になったのかの描写も欲しかった所、いや本当実に勿体ない作品でした

最後に・・・主人公の名前が「空太郎(くうたろう)」は無いんじゃない?あかべぇさん?


スポンサーサイト

Template Designed by DW99