top> PCゲーム > ウィザーズコンプレックス (ういんどみるOasis) 感想 2016/5/17(火)

ウィザーズコンプレックス (ういんどみるOasis) 感想 2016/5/17(火)





100点!!!C'estsuper


「流石ういんどみる!」という作品でした。

世界でただ1人の魔女となった主人公が女子校に入り、生徒会に所属し国内組対国外組の対抗戦に巻き込まれるお話

設定上はチートな設定の主人公ですがそこまで強いわけでもなくヒロインと協力しながらより良い学園づくりを目指していきました。
5戦中3勝を目指すわけですが、2戦目まで共通ルートであり、3戦目以降は対決方法も勝敗も全く違う展開で繰り返しが無く飽きが来ませんでした。Wヒロインがとても可愛いく『本当の友達』とは何なのかをまた考えさせられる内容でした

またエロ方面もエンディング後にオマケでありますし、サブキャラもそれぞれ個別ルートが短いながらも用意されて大変満足いく出来栄えでした。

スポンサーサイト