top> アニメ映画 > 映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃 感想 2016/11/12(土)

映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃 感想 2016/11/12(土)





64点


期待外れでしたorz

Amazonでの評価がとても良かったので期待してましたがイマイチに感じました。

必要性があるとも思えない、大和田獏、城咲仁、とにかく明るい安村とヒロインの両親役で安田顕と吉瀬美智子のこれでもか!という程の芸能人推し(怒)

いつもの作品に比べて「敵が怖い!」という要素が強く、前作で出番がなかったせいかカスカベ防衛隊のゴリ推しがひどかったように思えました。ギャグは今作はネタが思いつかなかったのか、尻と屁に拘ってた様です。あまりにも尻ネタばかりの下品さに最後にみさえさんの台詞が無かったら完全に糞映画扱いしてたかもしれません。ひろしの出番は少なめかな?現在体調不良で休業中なので来年の映画がどうなるかとても心配です(+_+)

若干いつもよりネネちゃんを前面に出す内容になってたように思えますが、ネネらしさ(ウサギを叩く)が足りなかったかもしれません。

何でこんな話なんだろう?と思いEDを眺めてると脚本に『劇団ひとり』の文字が(笑)
そりゃ私には合わないわ\(^o^)/

スポンサーサイト