top> 映画 > ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影 感想 2017/1/16(月)

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影 感想 2017/1/16(月)





52点

前作に比べてコミカルさが無くなった気がします

ボケツッコミ担当の2人の敵キャラもまさかの宮川と藤森のWお笑いコンビで萎えてきます
前作と違いプライベートで問題を起こしたことからベッキーと同事務所先輩のカンニング竹山が降板したことにより
スプリンターとエイプリルが声優さんになり、とても聞きやすくなりました!

しかしながら、ストーリーはシュレッダーがかませ犬になり脳みそクランゲがメインの敵となりました
嬉しい所はスティーブンアメルがゲスト出演してる事でしょうか、アローのオリバーから好きな為嬉しかったです
トランスフォーマーの監督のせいか前作以上にトランスフォーマーっぽい演出になってます+アベンジャーズかな?
どこかで見た事あるような映像なので少し飽きが来るかもしれません


スポンサーサイト