聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold- 感想 2017/4/24(月)





未だ終わらない聖闘士星矢シリーズ(まだやってるの!?とよく言われます)

今回はハーデス冥界編で嘆きの壁を壊したあと~エリシオンで黄金聖衣が送られるまでの黄金聖闘士のお話


アスガルドの舞台は好きだが如何せん黄金12人もいると相手が可哀そうになってしまう
ラストに至っては全員神聖衣を着て一応の神であるロキを全員でフルボッコという『聖闘士は1対1が基本』を黄金が当然のごとく破るという展開(笑)


童虎が飲んだくれになったり、我が師が敵側に居たり、蟹が良い人化したりと普段見られない点はGoodだったが、結局はサガ最強であり不思議なアイオロスは不思議なままであったり新しい事をやろうとして失敗した感じである
要は神聖衣玩具を出して儲けたいだけのアニメでしたって感じかな?


早くNEXT DIMENSIONアニメ化してくれなかなぁ~(棒)
スポンサーサイト

Template Designed by DW99