劇場版 パワーレンジャー 2017 感想 2017/7/15(土)



10点(これはパワーレンジャーではない)

楽しみにしてましたが裏切れらた感満載でした

以下ネタバレ注意です


2時間やって戦闘シーンがラスト20分だけ←糞

これは駄目!!!

昔のパワーレンジャーファンは絶対に見てはいけない映画である


ジェイソンは直ぐ手が出る不良、ザックは阿呆、ビリー(黒人)は苛められっ子、トリニティはレズ、キンバリーは屑、ゾードンはレンジャーを物扱いと総じて今の社会問題をそのまま映画化したようで昔の設定を弄った結果最低戦隊となりました

リタは恐らく元々グリーンレンジャーだったらしいが馬鹿戦隊に感化されたのか完全に馬鹿であり、最後も締まらない終わり方、挙句に続編を示唆するようなトミーという内容ナンジャコリャ
原因を考えてみましょうか


○メンバーが総じて駄目人間
昔のイメージを見てると和気藹々で仲良く楽しい好青年メンバーでしたがコイツらは家庭問題だったり特にメンバーに選ばれるまで面識もなく他人に迷惑を賭ける行為しまくりで電車事故起こった瞬間に「コイツら阿呆なの?」と思いました、その後もチームワークを深めることもせずリタの襲撃を受けビリーが死んで初めてチームワークが芽生えたという適当設定何これ?人間を知らないからか戦闘後は新聞でヒーロー扱いで益々調子に乗る始末

○他作品に対する冒涜
「変身だ!」の兼ね合いもなく変身アイテムも無くまた武器を使っての対人戦闘も少なく、トランスフォーマーもどきのゾードに乗ったと思ったら穴に落とされて合体して出てきて巨大敵(エタルガーもどき)倒しただけというバトルシーン、人間ドラマ部分も真面目なシーンで「アイアンマンやスパイダーマンみたいな?」「ごめんバンブルビー」等唐突にネタに走っており無理やり笑わせようとしてました。なんなのこれ?

○パワーレンジャーではなくヒューマンドラマ
やはりドラマパートの脚本が完全に糞ででした。私ならばいきなり敵が襲来してその場にいた5人が変身させられて敵にやられて困りながらも特訓してチームワークで勝つというパターンで良かったと思います。誰が社会問題に対する不良共の取り組み方を見たいと言ったよ?ナニコレ?

結論:トランスフォーマーの方が100倍マシ!
スポンサーサイト

Template Designed by DW99